キャッシュレス社会におけるお年玉(現金)を通じたマネー教育の難しさ

私の4歳の息子は正月に両親及び親戚から計2000円のお年玉をゲットした。しかし、残念ながら息子はお金の機能がまったく理解できていない。

というのも、両親との普段の買い物は電子マネーかクレジットカード。カードを光る端末に当てるとピッと鳴ることは知っているが、買い物で現金を使う場面はほとんど見ていないのだ。だから、お年玉をもらっても、中身の紙幣ではなく、消防車の形をしたお年玉袋に夢中になっている始末。

なので、まずは息子と何が欲しいのか相談。結果、プラレールの秋田新幹線(こまち)車両に落ち着いた。本日、いっしょに川崎駅東口のヨドバシカメラに行ったのだが、こまちは売り切れ。ラゾーナにあるビックカメラでも売り切れ。期待をくじかれた息子はお店を離れようとしないので、家に帰ってから楽天市場で購入することで何とかなだめて納得させた。

貨幣の3大機能とは、価値の尺度機能、決済(交換)機能、価値の保全機能だが、お年玉のマネー教育では貯蓄(保全機能)を教えることが重視され、決済機能は自然に身につくものだと思われているかのようだ。しかし、キャッシュレス社会においては、そもそも買い物の際、貨幣が目の前に現れないので、決済価値を教える機会がない。

結局、こまちは楽天市場にて購入決定ボタンを息子にクリックさせて購入した。今回はネット決済という決済方法を体験させる結果になってしまったが、商品が家に届いたときに息子の現金と交換する予定だ。

関連記事:
・息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)