新着記事/関連記事

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017に投票〜追従者より挑戦者の功績が重要

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017に投票した。

今回も自分が投資している以下の4本を選んだ。

  • 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド:0.16%(税抜)
  • 購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド:0.159%(税抜)
  • たわらノーロード先進国株式:0.2%(税抜)(12月末予定)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド:0.189%(税抜)

特に三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドが信託報酬を一気に0.03%ポイント引き下げて、TOPIX連動インデックスファンドの信託報酬に競争をもたらした功績は大きいと思う。

最近の信託報酬の引き下げ競争では、後からトレンドを追いかける追従者(フォロワー)よりも、自ら業界最安水準を打ち立てる挑戦者(チャレンジャー)の意義が大きくなっている。その挑戦者としての功績が投票結果に出てくると嬉しいのだが。

関連記事:
・投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016に投票〜私が選んだファンドと配点理由


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)