「つみたてNISA」の取り扱いを未だに発表していない証券会社

日本証券業協会のウェブサイトに「つみたてNISA取扱い証券会社一覧」というページがある。

このリスト(10月4日更新)を見ると「つみたてNISA」の取り扱いを発表していない証券会社が意外に多いことがわかる。

例えば、大手・中堅証券会社では、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、岡三証券、東洋証券などがリストに含まれていない。また、ネット証券では、カブドットコム証券やGMOクリック証券などが含まれていない。

特にカブドットコム証券はMAXISのETFを中心に取引手数料無料(フリーETF)のサービスを実施しており、インデックス投資家の間でも利用されていたので、同証券会社が「つみたてNISA」の取り扱いを発表していないことは意外だった。

また、大手証券会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券やSMBC日興証券が「つみたてNISA」の取り扱いを発表していないのは不可解だ。親会社のメガバンクが取り扱っていれば金融庁向けには角が立たないと考えているのだろうか?

さらに、岡三証券は傘下の岡三アセットマネジメントが日本株式・Jリートバランスファンドの届出を行っているので、親会社で「つみたてNISA」の取り扱いが未発表なのは気になるところ。

関連記事:
・「つみたてNISA」の商品選択では低コストに加えて信託報酬引き下げ実績の有無が重要


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (02/25)