新着記事/関連記事

中国の人口ピークが2023年に〜2013年の生産年齢人口ピークとの差は10年

中国の人口ピークが2023年になるとの見方が広まっているとのこと(共同通信)。

世界人口の高齢化が長期投資に与える悪影響〜欧米の金融機関が相次いで警告

欧米の金融機関が世界人口の高齢化が貯蓄率と資産価格に与える悪影響について、相次いで分析結果を出しているとのこと(ロイター)。

地方創生法案が閣議決定〜人口減少社会における地域振興策への国費投入の問題

政府が「まち・ひと・しごと創生法案(地方創生法案)」を閣議決定した(日本経済新聞)。

少子化危機突破タスクフォースが出生率目標を見送り〜ギャップ解消を目標にすべき

内閣府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」が出生率目標の設定を見送ったとのこと(朝日新聞)。

2060年に人口1億人維持の目標を提案〜達成には2030年に合計特殊出生率2.07が必要

「選択する未来」委員会が中間整理(案)を発表した。

日本創成会議の将来推計人口試算をベースに若年女性減少自治体をランキング

日本創成会議が出した全国市区町村別20〜39歳女性の将来推計人口(PDF)をもとに、若年女性人口減少率が大きい自治体をランキング化してみた。

日本創成会議が2040年に若年女性が50%以上減少する消滅可能性自治体896を発表

日本創成会議が2040年に若年女性の割合が半減し、消滅する可能性が高い自治体が896自治体にのぼるとの試算を発表した。

2020年は東京の人口ピーク、2025年には世帯数がピークに

ZAKZAKに「業者は恐れ、消費者は喜ぶ「あと6年半」とは?2020年に起こる変化」という興味深い記事が掲載された。

外国人技能実習生を5年に延長へ〜小手先の拡充で不足する労働力を確保できるか?

2020年の東京オリンピックに向けた建設ラッシュに対応するため、建設現場で受け入れる技能実習生を拡大する方向で検討しているとのこと(共同通信)。

安倍首相が女性登用を成長戦略の中核に〜女性の育児休業取得だけでは不十分だが

安倍首相が成長戦略の中核に「女性の登用」を位置づけ、経済界に育児休業3年の推進を要請、待機児童解消にも取り組むことを表明した(産経新聞)。
続きを読む >>

| 1/5PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)