新着記事/関連記事

なぜ米国債の格下げで円高の見通しを出すのか?

スタンダード&プアーズ(S&P)が米国の長期信用格付けを最上級の「AAA」から「AAプラス」に1段階引き下げた(WSJ)。

新興国債券ポートフォリオの投資をオススメしない理由

読者の方から世界銀行債ファンド(ワールドサポーター)への投資についてどう思うか、という質問を頂いた。

人民元建て中国国債やディムサム債への投資は有望か?

香港での元建て預金残高は昨年末で3149億元(約3兆9360億円)に達し、1年間で5倍に膨張。米マクドナルドが外資で初めて香港で発行したディムサム債と呼ばれる元建て債券も注目されているとのこと(産経新聞)。

外国債券の期待リターンが国内債券と同じであれば不要なのか?

ダイヤモンド・オンラインに「資産配分に外国債券は?」と題する山崎元氏の記事が掲載された。


外為特会の積立金は99%の確率で損が出ないことが必要か?

事業仕分け第三弾で外国為替特別会計の仕分けが行われた(ロイター)。


為替ヘッジ付きの外債ファンドは価格変動リスクに脆弱では?

為替ヘッジ付きの外債ファンドが注目されている(ロイター)。日本と欧米の金利差がなくなっており、為替ヘッジ手数料が安くなっていることが原因らしい。

個人投資家は海外債券のアセットクラスを持つべきか?

本ブログ記事「山崎流マネーここに注目の記事「個人に債券投資は難しい」への疑問」に多くのコメントを頂いた。そこで、

山崎流マネーここに注目の記事「個人に債券投資は難しい」への疑問

読売新聞「山崎流マネーここに注目」に「個人に債券投資は難しい」という記事が掲載された。

なぜ住信SBIネット銀行の「コイントス」はリターンが高いのか?

読者のエラーラさんから、住信SBIネット銀行が募集している元本通貨変動型円仕組預金「コイントス」についてどう思うか、という趣旨の質問を頂いた。

大竹のり子著「ロハスに楽しむFX」の問題点



大竹のり子著「ロハスに楽しむFX〜外貨投資7つの約束」を読んだ。本書は数倍程度のレバレッジでスワップ金利狙いのFX投資を薦めている本。
続きを読む >>

| 1/5PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント